投資郎 | 株初心者のデイトレ実践記録

少額でおもにスイングトレードに挑戦中

「複利計算機」を作りました!

複利ってすごそう

前回の読書の中に出てきた複利運用のお話は、私にとってはインパクト大でした。

toshiro.hatenadiary.jp

アプリを作ってみた

そこで「複利計算機」なるものを作ってみました!興味がお有りの方は下記リンクからダウンロードして下さい。(Zipファイルを回答し、Windowsの方は、fukuri.exeを、Macの方はfukuri.appを、Linuxの方はfukuriを実行してください。)

f:id:hayeta:20150722152000p:plain

まぁ、Excelを使えばすぐに計算できてしまいますし、わざわざアプリにするほどのものではないのですが(汗)

また、万が一、万が一投資判断に使おうとお考えの方がいらっしゃいましたら、あくまでも自己責任でお願い致します。(もしも計算結果に違和感があるという方がいらっしゃいましたら、ご一報いただければと思います。計算ロジックが間違っているやもしれません。)

Windowsの方
Macの方
Linuxの方

就職してからずっと積み立てたとすると。。。

では、アプリをいじってみましょう。

例えば、利回り1%の財形貯蓄に22歳で就職してから65歳で定年退職するまで、毎月5万円ずつ積み立てたとします。43年間の積立になりますので…

f:id:hayeta:20150722151359p:plain

なんと運用結果は32,359,054円になります!

子供を一人大学に入れて成人まで育てるのに2000~3000万円必要だと言われますが、月々5万円の積み立ててで一人分はまかなえてしまうということですね。

1%の利回りなんて高い!という場合は、利子0.02%の普通預金に同期間預けたとします。

f:id:hayeta:20150722151509p:plain

結果は25,913,838円です。これでも十分大きななお金ではないでしょうか?

やっぱり節約は大切

これらの結果をみて、改めて複利の力ってすごいなと思いました。(これホント??ッて思いました。)頑張って節約すれば、もっとリターンを得られるかもしれない株式投資に回すお金を増やすことができます。(その分当然リスクは上がりますが。)

ただ、節約を意識しすぎてイタズラに生活水準を落とすことは正解ではありません。無理な節約は無理なダイエット同様、長続きもしないと思います。なので、あくまでも、自分の価値観と相談し、納得の上で月5万の積立ができれば理想的だと感じました。

それでは!


参考図書

広告を非表示にする