投資郎 | 株初心者のデイトレ実践記録

少額でおもにスイングトレードに挑戦中

「複利計算機」にAndroid版アプリが登場!

その名もフクリム

前回、「複利計算機」なるものを作りました。
自分で作って計算結果を見ながらニヤニヤしておりました。

toshiro.hatenadiary.jp


今回はその計算機を(初めて)Androidアプリとして公開いたしました!
その名も「フクリム」でございます。
単純なアプリですが、シンプルであるが故に大きな破壊力を持つ「複利」が「膨らむ」力を表現したい。
みなさまにニヤニヤしてもらいたい。

ダウンロードは以下から。

フクリム - Google Play の Android アプリ

でも、ダウンロードしなくてもいいです!

いつも訪れてくださる読者のみなさまは、ダウンロードなんて手間をかけずともニヤニヤしていただけます。
ブログのサイドバー(PC版のみ)に「フクリム for 投資郎」を追加しました!
さぁ、今すぐにでもニヤニヤしていただけます!

ただ、アプリのほうには今後機能を追加していく予定ですので、やっぱりダウンロードしてくれる人がいると励みになります…!

売買

さて、投資の話も全くせずただのアプリの宣伝になりつつありますが、本日は以前から含み損であった、6287 サトーホールディングス を売却いたしました。決算発予定日であったこともあり、一瞬プラスに転じたもののまたマイナスへ。その後は流血の損切り劇でございました。

弱小個人投資家よろしく、目先の株価の変動に一喜一憂しております。

前回の「本日の読書」に登場の「投資戦略の発想法(木村 剛)」によると、「株価は短期で見ると大きな振れ幅があるが、30年スパンで見るとおおよそ12%の上昇へ終熄していく。」とあります。やはり、真に株式投資による財産形成を行うためには、じっくり長期目線が必要なのですね。12%の利回りで複利運用…ニヤニヤしてしまいます。

*** 出典

広告を非表示にする