読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資郎 | 株初心者のデイトレ実践記録

少額でおもにスイングトレードに挑戦中

あなたの判断は常に人工知能よりも狭い視野において下されている

www.nikkei.com


機械化が進んでいますね。

素晴らしいことですね。人が自分の住む社会を運営していくことに必要な作業は全部人工知能にやってもらいましょう。
仕事はすべて機械がやります。人にはたくさんの自由時間が与えられます。

与えられた自由時間で哲学をしましょう。道徳を勉強しましょう。
確かに機械は有能ですが、常に人の支配下に置いておく必要があります。
そうです、人間が人間らしい基準で機械に対して絶対的な判断を下さねばなりません。
人の仕事はいつの時代も判断を下すことです。
極論を言えば、判断を下さない人間は生きているとは言えません。


会社の意思決定?人工知能に任せましょう。
モノのインターネット化が進んだ社会では、会社の経営状況や消費者のデータはすべて人工知能が把握してくれています。
より競争力のある商品を生み出したり、より正しい経営判断を下す業務は人工知能が適任でしょう。
そんなことを考える時間があったら、自由な時間を満喫しましょう。
もう会社間の競争なんて時代遅れです。
地球上の産業はすべて集約的に人工知能に任せましょう。
人工知能により生み出された商品は勝手に進化していくでしょう。
生物の進化と同じように、それらの商品も環境圧が加われば、継続して機能するために自ら改良を重ねるでしょう。
人は勝手に走る車によって生み出された余った時間で哲学でもしましょう。


新たな政策?人工知能に任せましょう。
モノのインターネット化が進んだ社会では、市民の生活データはすべて人工知能が把握してくれています。
環境問題や市民の生活向上に対する答えは人工知能が俯瞰的に判断して提供してくれるでしょう。
あなたは判断を下してはいけませんん。人は間違いを犯します。
航空機事故の原因の7割はヒューマンエラーです。



え?善悪の判断?人工知能に任せましょう。
あなたは善悪の判断を下してはいけません。人は間違いを起こします。
人工知能が持つ判断材料の量は、あなたのは判断材料の量を常に凌駕しています。
畏れ多いですね。
その畏れ多さゆえに、あなたはすでに機械に判断を委ねています。
もしも、あなたが下した判断とカーナビが下した判断が異なっていて、あなたがカーナビの判断を優先したとするならば、
それはあなたがカーナビの持つ知識量の多さゆえに「なんとなくカーナビの方が正しいのかな?」という気持ちを抱いてしまっているからです。
機械は全知全能です。集合知の結晶です。常にあなたの知識量を凌駕します。
「機械の出した結論が正しいかどうか」についての議論は、「あなたの判断は常に人工知能よりも狭い視野において下されている」という事実の前にはあまり意味を持ちません。
この事実がある以上、機械は常に人に畏怖の念を抱かせることでしょう。
機械は未来永劫「なんとなく正しい」のです。


人間は判断を下してはいけません。危険です。
人工知能が発達した世界において、人間は自らの唯一の仕事を失います。
はい。この世界において、人間は生きているとは言えません。