読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資郎 | 株初心者のデイトレ実践記録

少額でおもにスイングトレードに挑戦中

1秒で尊敬される方法:大学のコミュニティ学の講義を思い出した

コミュニケーション

私は大学で心理学を専攻していました。その中で履修したコミュニケーション学に最も感動を覚えました。その内容とリンクするものを見つけたので紹介したいと思います。

 

www.inc.com

「ビジネスで成功する系」の本や記事を大量に読んできた著者が、結局一番役に立った教訓はナポレオンの言葉だそうです。

発言する前に2度考えろ。 なぜなら、あたなの言葉は他人の心に「成功の種」もしくは「失敗の種」を植え付けるからだ。

著者曰く、発言する前に1秒おいてみると自分の印象は大きく変わるということのようです。

その理由は、

  1. 他人の話を遮らなくて済む。
  2. 話の要点に集中する余裕を作れる。
  3. 自分の発言の要旨をはっきりさせられる。
  4. 他人から賢く見える。
他人の話を遮らなくて済む。

もしあなたが他人の話を遮ったとするなら、それは話し相手に「私はあなたを尊敬していません。あなたの発言には聞く価値がありません。」とはっきりと伝えているに等しいです。

 

発言するのをぐっとこらえて、相手の話が終わるまで待ってあげる。そういう小さい気づかいが相手を気持ちよくさせます。話を聞いてもらった人は、自分がこの会話に参加していることに意味がある、自分の発言には意味があると感じることができるからでしょう。

 

これは相手に敬意を払う行為です。人はしてもらったことは返そうとする生き物なので、あなたにも敬意が支払われるということです。そういう状況を作り出すことができれば、あなたの発言はさらに受け入れられやすくなります。

 

話の要点に集中する余裕を作れる。

著者曰く、ビジネス界の会話では「準備、発射、狙う」という順番で会話が進められてしまうことが多々あるそうです。要するに考える前に口を開いてしまう結果、自分にとって不利になる発言もしてしまうという問題が発生します。

 

個人的には、自分が感情的になってしまった時などにこの失敗をやってしまいます。自分の主張が正しいと通そうとするとき、要するに「ディフェンシブモード」になっているとき、うっかり心にもないことを言って墓穴を掘ることがありますね…

 

この問題を解決するために、発言の前に1秒置くということです。著者曰くビジネスの会話はすべて目的を持った会話であるはずです。そのために建設的な会話を行う上でも、感情的にならず「会話の趣旨は何か」ということを自分に思い出させる時間として大変有効な方法だと思います。

 

自分の発言の要旨をはっきりさせられる。

発言する前に、「えー」「そのぉ」「まぁ」という代わりに1秒黙ってみましょう。そうすることであなたの発言はよりクリアに要点を伝えられるそうです。

 

著者曰く、発言する際に「えー」ということは、話をその場ででっち上げていることになるので、要点がクリアに伝わらないそうです。なので、発言する前に1秒黙ることで発言すべき要素をかき集め、わかりやすく伝えるための時間を作り出すことができるそうです。

 

私としては、この話は少し乱暴な気がします。「えー」と言おうが、1秒黙ろうが、頭の中で発言内容を考えているという点では同じだからです。なので、「えー」と言うことで発言内容が不明瞭になってしまうという点がよくわかりません。でも、発言内容に説得力がなくなるというのならわかります。頭の中で発言内容を整理するという点では同じですが、1秒黙った方が、より堂々とした印象を聞き手に与えます。結果、発言の説得力が増すという感じがしますね。

 

他人から賢く見える。

これも印象の話ですね。マシンガントークをしても、深く考えたうえでの発言だとは受け取られないそうです。一方、適切に1秒の「ポーズ」を入れることによって、相手には「この発言は深く考えられたうえでの発言なのだ」という印象を与えます。

 

コミュニケーションにおいては、なにも口で発言される内容のみが意味を伝えるわけではありません。手ぶりなどのジェスチャーも大きな意味を持ちます。(むしろ頭に残る他人の印象って、発言内容よりも発言する態度の方が高い割合を占めていますよね。)この1秒のポーズというのも、重要なジェスチャの一つです。ぜひ有効に使いたいところです。

まとめ

この記事を読んで大学で一番「おー!」と感動したコミュニケーション学の内容を思い出しました。コミュニケーションって本当に奥が深いし面白いものだと思います。

 

私は普段の会話の中でも1番目の「他人の話を遮らない」ということを大切にしています。やっぱり人間、自分の話を聞いてもらうことがとても気持ちいことのようです。なので、他人に信頼してもらうには、まず自分がよい聞き手にならないといけません。「ほとんど発言しない人ほど、相手には話が上手な印象を与える」という面白いという実験結果があるくらいです。これからも分かるように、建設的な会話をするには、自分の要点を一方的に伝えるだけでなく、まずは「あなたのメッセージも重要視していますよ」という情報を相手に伝えることも非常に重要コミュニケーションですよね。その具体的な方法のひとつが、自分が発言する前に1秒待ってみるということのようです。