投資郎 | 株初心者のデイトレ実践記録

少額でおもにスイングトレードに挑戦中

フォルクスワーゲンが大炎上。マツダは本当に影響受けるの?

 

jp.reuters.com

フォルクスワーゲンが大変な事になった。

マツダへの影響が懸念されているようなので、少し比較してみる。

 

共通の問題

日本でもディーゼルへの期待が高まる中、今回の不祥事はディーゼルエンジンの悪い部分だけを強調するような形になり、イメージダウンに繋がる。

 

高出力や低燃費という長所を持ちながらも、有害物質であるNOx(窒素酸化物)が排出される短所を持つディーゼルエンジン。今回は、フォルクスワーゲンという超老舗がやらかしたこともあり、ディーゼルエンジン全般に対しての不信感が全世界的に広がる恐れあり。(「あのフォルクスワーゲンディーゼルがダメなら、他のもダメなんじゃ?」など)日本でもマツダが頑張っているが、消費者は二の足を踏むかもしれない。買ってすぐリコールなんてなるのは嫌だ。

異なる部分

NOx対策としてエンジンから排気ガスが出される前に事後処理(尿素SCR方式)が行われる設計になっている。この点において、フォルクスワーゲンマツダディーゼルエンジンは異なる部分がある。

今回問題になったフォルクスワーゲンのエンジンは事後処理機能を搭載しているが、マツダのエンジンは搭載していない。

フォルクスワーゲン尿素SCR方式を採用

Volkswagen Interactive

 

上記リンクにフォルクスワーゲンが事後処理技術を搭載している旨記述されている。NOxを含む排気ガスが車外に出る前に尿素をかけてNOxを分解している。

 

今回問題になっている「ソフトウェア」はこの事後処理装置のスイッチを司っている。ハンドル操作などを監視して走行状態を自動で判断し、事後処理装置の振る舞いを変化させる。政府による「試験走行」だと判断された場合には事後処理装置をフル稼働させて排ガス規制を突破。逆に通常走行だと判断された場合には事後処理装置の性能を低下、もしくは装置を停止させる処理を行という。

マツダのエンジンはそもそもNOx出ないよ!

www.nedo.go.jp

マツダ車が載せているディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」はそもそも事後処理装置載せていない。なぜなら、NOxが出ないエンジンだからだ。マツダはこれをエンジンの低圧縮比化によって実現している。ディーゼルエンジンとしての出力は出せるのに、有害物質は出ないなんてスゴイヨ、マツダ!

 

今回問題になっている「ソフトウェア」はフォルクスワーゲン由来のものではないらしく、他社のディーゼル車も同様の問題があるのではとの懸念が広がっているもよう。でも、この問題は事後処理装置を搭載しているから「ソフトウェア」の影響を受ける。少なくとも事後処理装置を搭載していないマツダはこの「ソフトウェア」の餌食にはなりようがないのでは?