投資郎 | 株初心者のデイトレ実践記録

少額でおもにスイングトレードに挑戦中

怖いと思ったところでしっかり入る

今日の教訓。
 

安易な空売りはしない。下がったら買う。

ずっとレンジ相場から急に下に崩れたのでやっぱり引けにかけて下げていくのかと思ってSを入れたら全戻しだった。

もともとプランになかったSを仕掛けてしまったあたり、計画性のなさがあって嫌な気持ちだ。この損失がなければ今日の損失を半分にすることも出来た。

それ以上に、大きな陰線をみて「Sだ」と機転を利かせたつもりになっていたけど、結局あそこで買うのを怖がっただけな気がする。

怖いと思ったところでしっかり入る

やっぱり怖いと思ったところではしっかり入る。これは本当に大事なことだと思う。みな口では簡単に「下がったところで買う」というのだけれど、これは口で言うほど実行することは簡単じゃない。

実際、損切りラインも決めて入るので思惑が外れたところで結果はわかっているのになぜか怖がってしまう。気持ちが安心する陽線の中で買っているが、実はとても不利な状況であって、1%もとれないなんてこともある。

※陽線でも怖いところはあって、そういうところにチャンスはあると思う。主に、上昇が死んだと思いがちなところ。

自分は損する才能があるのだからその逆をいけば儲かる

これは極論だけど、一理ある。

今まで裁量でやってきたトレードの成績は、安定した右肩下がりだった。これはおそらく、いくら勉強しても変わらないことだと思われる。理由は、精神的な部分に原因があるから。無意識に安心できるところで買って、ホールド中の精神的負担を減らそうとするから損をする。

恐怖から逃げるから損をする。 この姿勢を一貫して貫いているから、収支曲線も一貫して右肩下がりなんだ。

なら、その逆をすればいい。

「怖い!」「見送ろう!」と感じているというところは儲けるチャンスなんだ。逆に、「行けるかも」「よしそろそろ入ろう」と冷静に見られところは、見送るところだ。ここは変な意味で自分の直感を信じてもいい。

 

いろいろときな臭い話があるけど、明日も頑張ろう。

広告を非表示にする