読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資郎 | 株初心者のデイトレ実践記録

少額でおもにスイングトレードに挑戦中

プログラムを書いて株価を検証するようになって思うこと

今日も負けてしまったけれど。。

あらたな手法よりも今のやり方を繰り返すことが何より大切

それは「あらたな手法を探すよりも今のやり方を繰り返すことが何より大切」ということだ。

結局、どんな手法もある程度利益は出せるのだろうと思うが、勝ちが来るまで辛抱強く手法を使い続けられないと結局トータルで負けることになるからだ。

株価なんて規則性を持った図形でしかない

プログラムで検証するようになると、いろいろな条件をつけ足して収支曲線を上向かせようとしてしまう。自分は元来そういう作業が好きなので結構ドツボにはまってしまうのだけれど、問題は「次から次へと新たな手法を思いついて、目移りしてしまう」こと。

今まで全然勝ててこなかった焦りもあるし、「もっと効率よく勝てる手法を見つけなくては」との思いからこの手法探しを続けてしまうらしい。が、前項でも書いた通りどの手法もそれなりに利益が出るのであり、またそれほど変わり映えするものでもない。

株価なんて所詮、ある程度の規則性を持った図形でしかない。「手法を見つける」とはその規則性の片鱗を垣間見るという意味で、株式市場の「真理」を目撃する過程ではないのだ。だから、必ず勝てる方法など見つかるはずもない。

むしろ検証して感じることは、「トータルでいくらかの利益は出るのだが、途中でやめると水の泡になってしまう」ということだ。

プログラムを書いて検証する前に、デイトレで使っていたシンプルな手法がある。けれど、当時はそれで利益を出すことが出来なかったので、ぽいっと捨ててしまっていた。今日その手法についてふと思い出したついでに検証してみたら、普通に利益の出る手法だった。シンプルなので実効性が高く、良い手法だと思った。

この手法を使っていた時は、連敗が続くことに精神が耐えかねて「手法探し」という楽な方に逃げたのだなと思った。手法が利益を出し始める前にこちらが逃げ出してしまっていた。

連敗に耐えるためには後ろ盾が必要

とはいえ、連敗が続くと辛い。本当につらいし、手法に対して疑心暗鬼になってくる。

だからこそ、手法を信じるための後ろ盾としての検証が重要になってくると思う。過去に手法を使い続けられなかったのは、プログラムで検証をするという発想が持てなかったためだ。画面に表示させられる限られたチャートの、数少ないデータだけを見ていたため、後ろ盾としては弱かった。もっと「トータルでプラスになるよ!」という全体の絵を見ることが出来なかったのだと思う。
(もちろん、サンプルという意味では限られたデータでも統計学的に意味のあるデータであることには変わりない。)

検証しよう。あらたな手法を見つける前に、検証を見返そう。そしてまずは一月でも一週間でもその手法だけを実践して結果を確認するということを、改めて、しようと思う。

株価なんて所詮は図形。そこに余計な恐怖心や欲を乗せず、同じ姿勢(手法)で接していればいつか必ず勝ちはくる。連敗の苦しみに負けてはならない。

何のために今日まで連敗の苦しみに耐えてきたのか。