投資郎 | 株初心者のデイトレ実践記録

少額でおもにスイングトレードに挑戦中

銘柄を浮気しない

今日はマイナス。反省点の残る1日だった。
 
早くも売買タイミングのルールが守れなくなってきている病を発症してきている。売買が雑になってきている。ちょっと連敗が続くと「もう次は負けたくない!」の気持ちが強くなって焦って手法を信じられなくなったりして、変なことをしだす。具体的な反省点は以下のようなもの。

【反省1】銘柄を浮気して機会損失

連敗が辛くなってくると銘柄の浮気をしだす。でもこれは良くない。理由は以下の通り。
 
  1. 負けが続いた後は勝ちが来る可能性が高い
  2. 自分の手法と相性の良い銘柄を選んでいるのに別の銘柄でトレードすることは自分を不利にする。
 
 
【理由①】負けが続いた後は勝ちが来る可能性が高い
①は散々ブログにも書いている通り、「手法を一貫して実行することが何より大事」ということ。連敗が続いても次の1回が負けであるかどうかなんて、預言者でもない限り知りようがない。辛いときでも同じ手法を一貫して実行できる姿勢が次の大勝をつかむ権利を与えてくれる。
 
これは底を探って損切りを繰り返しているときもそうだし、噴いた後に高値をつかみに行くときもそう。「次も損切りかも。。」「まさかこれ以上上がらないでしょ。。」という根拠のない”肌感覚”はあてにしない。どんなチャンスもエントリーしないとつかめない。
 
【理由②】自分の手法と相性の良い銘柄を選んでいるのに別の銘柄でトレードすることは自分を不利にする
②について。検証時にパフォーマンスがよいものは、近々の値動きと手法との相性が良いという意味だ。だからそういう銘柄を優先的にトレードしている。にもかかわらずちょっと負けが続いたからと言って、銘柄を変えてしまっては、これまた、手法が威力を発揮する前にゲームから降りてしまう可能性が高くなる
 
結局検証でのパフォーマンスがよいということは、(Lの場合)上昇する力が強いということで、大口プレイヤーの存在が考えられる。しかし、日中の取引において、「いつその大口プレイヤーが買いあがるのか」は予想できない。もしかしたら、もう買い上げる気はないのかもしれない。でもそれもトレーダーには分からない。
 
だからこそ、まだ大口がいるという前提にたって、一貫して相場に向かう必要がある。
 

【反省2】相場が弱いときに無理をしない

ここでいう無理をしないというのは、「相場が弱いときにはエントリーしない」という意味ではない。ルールよりロットを減らしても良いという意味。
 
相場が弱いときでもシグナルが出れば入り続けなければならないからこそ、自分のメンタルを追い詰めないことも重要。収益面でも連敗しているときのロット数が少ない方が痛手が小さいことは明白。
 
メンタルが弱ってくると、銘柄を浮気したり、予定になかった行動をしたりする頻度が高くなる。であれば、メンタルを弱らせなければ一貫した行動がとれるはず。
 
相場の強弱を判断する明確な基準が必要だ。それもシンプルで明白なもの。
 
明日のトレードは絶対に今日より良くする。
広告を非表示にする