読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資郎 | 株初心者のデイトレ実践記録

少額でおもにスイングトレードに挑戦中

トレーリングストップと飛行機の着陸操作との共通点

今日はマイナス。マイナスといってもほぼトントンなのだけど、マイナスはマイナス。
ソレイジア、サイバーステップさくらインターネットなど寄り天気味の銘柄で徹底的に削られる。その後、前引け前のenishの上げに乗れて何とかトントンくらいに。
 
今日は不安にさせられる一日だった。

Lは強いときだけやる

今日は弱いときにLしてしまったので無駄な損切りがかさんだ。この部分の損失がなければ今日はプラスで終われていたはずなので、今日の最大の反省点だ。
 
実際弱いときにLを仕掛けても売り崩されることが多いことは頭ではわかっている。確かにいつかは大底を当てられるかもしれないけれど、そこにたどり着くまでの損切りコストがかさめば利益率は悪い。それなら強くなってから押し目で入って行ったほうがトータルでの期待値は高くなる。
 
要するに今日の前場みたいに寄り天気味の日は手持無沙汰になってしい、限られた時間内で利益を上げなければという焦りが不要なトレードを仕掛けさせる。
 

トントンはマイナスよりはまし

結局たくさんトレードしてもトータルでマイナスだったら意味がない。トレード回数に応じてお給料をいただけるのならいくらでもやればいいが、損失が出る可能性があるトレードでは期待値の低いトレードは極力避ける。
 
「毎日必ずプラスで終わらせる!」と自分を追い込んだところで利益を生む上昇に出会えるかどうかなんて運の問題なのだからとにかく減らさないことだけを意識していればいい。見送りをつづけた結果トレード回数が0回となったとしても、マイナスよりは良い。それは勝ちだ。
 

板がスカスカな銘柄でスキャルピングしたためスリッページが大きくなってしまった

手持無沙汰になってしまっていたので、いろんな銘柄をウロウロと巡回してしまった。ダメだとはわかっていてもやってしまった。その中で板がスカスカな銘柄でも何度か連敗をしてスリッページがかさんでしまった。
 
これも「負けないこと」を意識出来ていれば見送れたトレードだった。
 
スカスカ銘柄で予定にないトレードをしてコストを払うくらいならノートレの方が100倍ましだ。「ノートレ力」を身に着けよう。
 

トレーリングストップが中途半端

前回の方法を試すもある程度利が乗ってくると想定よりも早くストップを上げてしまう。しかし、その後も株価は伸び続ける。。もうこれは本当にもったいない。自分としても頑張るのだけれど、もう一歩我慢が足らない。ここを踏ん張れていれば今日はプラスだった。
 
たとえ目の前の含み益を潰してもルール通りに利確していればトータルでプラスになることが検証でわかっていたとしても、どうしても目の前の含み益を潰したくない心理が働いてしまうようだ。これは何なのか。。
 

半分利確を行わなかった

前回の改善案の中にもあった半分利確を今日はしなかった。ここは改善できるかもしれない。発注操作が煩雑になるので保有株をまとめて売買してしまっていた。平静な状態であれば”煩雑”とまで感じないかもしれない手間だけど、「今落ちるかもしれない。上昇が今止まるかもしれない。」という恐怖心を感じているときに冷静に注文を分割して出す自信がなかった。(今日のenishの上げはとても激しかったので板も”稲妻状態”だった。)
 
改めて文字にしてみると大変情けないことなのだけど、トレード中の正直な心境だ。どうせ対策を講じるなら、トレード中の自分はこうなるという前提のもと仕組みで対策を建てたい。が、こればかりはそんなものは無い。慣れるしかない。
 

恐怖心の許容度を上げ、成功体験を得る

よく(株に限らず)運用の現場では、「改善は精神論ではなく仕組みによって行われなければならない」という意味のことが言われたりする。確かに人の心は弱いのだから、人間の性善説を前提に”人の心の強さ”だけを具体的な解決策することには限界がある。ただ恐怖心を抑えることに関しては気合で解決する部分もあると思う。恐怖心はケガをしないための重要な情報だけど、恐怖心に幅を利かせすぎると必要な行動がとれなくなったりする。
 
自分は飛行機のライセンスを持っているのだけれど、訓練中に着陸操作のスランプに陥ったことがある。着陸寸前の機首上げ操作を早く行ってしまうというもの。自分の直感(恐怖心)に則って考えるとそのタイミングで機首上げを行うことが「安全」だと感じられた。それより遅く機首上げを始めると、まるで地面に激突するかの用に感じられたためだ。しかし、実際は早すぎる機首上げは低高度で失速を招く可能性がある危険行為だ。着陸自体も不安定になる。
 
頭でわかっていた。でもどうしても行動することができなかった。
 
教官のおかげで結果的にそのスランプは脱することが出来たのだけど、そのきっかけは教官によって恐怖心の中に突き落とされて成功体験を得ることが出来だった。自分が間違ったタイミングで機首上げを行おうとすると教官が無理やり操縦桿を地面に向けて押し込んだ。怖かった。でも、着陸は驚くほど上手くいった。
 
間違った機首上げはたった1度の正しい着陸の成功体験によっていとも簡単に矯正された。たった1度の成功体験で「あと少しだけ恐怖心に我慢すること」を学んだ。初めから頭ではわかっていたことなので知識量は以前の自分と同じだ。違ったのは恐怖心に対する許容度と成功体験だった。これは「物理的なしくみで解決」することが出来ない事象だったと思うし、時には思い切って恐怖心に使ってみることが幸いする良い例だと思う。
 

目の前の利益を潰してもトータルで利益を得る成功体験を得る

トレーリングストップでも同じだ。正しい利確を行うためには「目の前の利益を潰してもケガしない」という成功体験が必要だ。いつまでも恐怖心から逃げていては自分の行動は変えられない。時には思いっきり恐怖心を味わって、「もったいない!」という気持ちを味わって、そのうえで成功体験を得ることも必要だ。
 
心配しなくても、正しい利確を行わなければどのみち「もったいない!」を味わうことになるのだから思い切って納得のいくルール通りの利確をしよう。
 
明日は必ず改善する。