読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資郎 | 株初心者のデイトレ実践記録

少額でおもにスイングトレードに挑戦中

スイングトレードで持ち越しが怖い。大きくGDしたらどうしよう。。

トレード反省

このブログは「デイトレ実践記」と題しているのだけれど、実際最近はスイングトレードの方が多い。

 

スタイルの変遷としては、スキャ→デイトレ(長続きしない)→スイング という感じ。

 

結局スキャでガチャガチャトレードしていてもトータルで負けが続いてきてた。でも、持ち越すのは怖い(損切りライン以下で翌日に寄り付くのが怖い)ので日払い取引にこだわる。一回当たりの売買にも負けが含まれるうえ、手数料もかさばり利益率が悪い。

 

日中いっぱいを使って利を伸ばすデイトレに挑戦。これもうまくいかず。デイトレは理を伸ばすために踏ん張ることが大切なのだけど、日中に手仕舞うことが分かっていると上がるたびに早売りの嵐になる。早売りをすると、トレーリングストップを行っても薄利で終わるケースもあり、結局スキャと同じ。持ち越すのも怖いし。

 

そこでスイングに挑戦。持ち越すことに対する恐怖心を今のところ抑えられている。きっかけは時系列データを精査してみたこと。10銘柄ほどの時系列データ(そのうち3銘柄くらいは上場来からすべての時系列データ)をエクセルで弄ってみたところある発見が。それは、「日中の最高値が前日終値を超える確率は約80%くらいある」ということ。言い換えると、「終値でエントリーすれば、翌日GDで寄り付いても、約80%の確率で同値撤退できる」ということ。(それでも、ストップロスを置くことは言うまでもありませんが。。)これを認識して持ち越しへの恐怖はかなり軽減された。引けで買うことで、含み損を持ち越すというストレスがないこともあるかもしれない。検証データが少ないので統計として弱いと思いますので、もし参考にされるなら自己責任で。。でも、私が持ち越しに対して精神的に折り合いをつけるには十分でした。

 

まだ胸を張って収支カーブが上向いてきたとは言えないのだけれど、日足を見据えてじっくり粘ることができている。スイングは判断の回数を減らせる点がいいと思う。スキャのように判断の回数が多くなると、必然的に間違った判断を下す確率も上がると思う。日中は暇ですが。。笑